入会のご案内

入会のメリット

入会すると受けられる、数々のメリットをご紹介。供託金免除ほか、経営における安心のための各種サービスを提供しています。

(1)県内の約8割の業者が宅建協会のメンバーです。

現在、千葉県内の宅建業者の約8割にあたる4,000の業者が(一社)千葉県宅地建物取引業協会(千葉県宅建協会)の会員となっています。すべての会員は、千葉県下11カ所に設置された支部に属し、業者間はもちろんのこと、支部を超えた交流や情報交換も活発です。これから宅建業を始められる皆様には、こうした同業者間のネットワークが最も心強い味方となります。
また、千葉県宅建協会は都道府県区域を単位とした47宅地建物取引業協会の連合会である(公社)全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)の会員であり、全国傘下の会員数は約10万社と名実ともに国内最大の業者団体です。

(2)営業保証金1,000万円のところを60万円ですみます。

宅建業を営むには、宅地建物取引業の免許を取得することが大前提となりますが、免許通知が交付されてもすぐに営業を開始できるわけではありません。宅建業法に定められた「営業保証金」を供託する必要があるからです。主たる事務所については1,000万円、従たる事務所では500万円という営業保証金の負担は、決して軽いものとは言えません。
宅建協会に入会し、保証協会の社員となれば、弁済業務保証金分担金として主たる事務所の場合は60万円、その他入会金等を合わせても約150万円、従たる事務所の場合は入会金等を合わせても半額の約90万円の資金で営業を開始できます。これにより、開業資金のより有効な活用も可能となります。

(3)最新のニュースをいち早くキャッチ。

会員の方には、宅建業法などの法改正・税制改正・行政からの連絡を、配布物として定期に発送しています。
また、広報誌「宅建ちば」を年4回発行するとともに、協会ホームページにも、最新のニュースを掲載しています。

(4)協会制定書式等の利用など、業務に役立つサービスをご提供。

会員の方には、千葉県宅建協会および全宅連が制定・作成する売買契約書・賃貸借契約書・重要事項説明書等の 各種書式を、協会ホームページから無料でダウンロードする事ができます。
このほかにも、不動産購入や賃貸借の流れをわかりやすく解説した「マイホーム獲得大作戦」や契約書・重要事項説明書作成時に役立つ 「わかりやすい売買契約書の書き方」、「わかりやすい重要事項説明書の書き方」、毎年改正される不動産税制の解説本「あなたの不動産税金は」 といった出版物を、会員限定の廉価な価格で利用できるのも会員の大きなメリットです。

(5)会員の方だけが利用できる独自ローン会社「全宅住宅ローン(株)」

会員の方には、これまで銀行等に任せざるを得なかったローン業務を、会員の皆様自らが取扱える「全宅住宅ローン(株)」をご利用いただけます。全宅住宅ローン(株)では、住宅金融支援機構との提携商品「フラット35」を取扱っています。「フラット35」は、最長35年の長期固定金利を実現した画期的な商品で、融資基準が客観的で明確であるなどの特長があります。
また、いくつかの金融機関でも「フラット35」の取扱いはありますが、全宅住宅ローンは最低水準の金利を設定しており「低利なローン」としてお客様に好評を得ております。
売買取引とローン業務の一体化で、成約の迅速化が図れる全宅住宅ローンが利用できるのは宅建協会の会員だけです。

(6)各種研修会で皆様の業務をサポート。

会員の方には、協会本・支部が主催する宅建業法や同法の関係法令・税務・経済問題などの様々な研修会に無料で参加いただいております。この研修は、宅建業法第64条の6に基づくもので、毎回、法改正のポイントやトラブル事例の紹介と防止策といった日常業務に欠かせない内容です。
また、新規入会者には宅建業に従事するにあたっての最低限必要な業務知識を習得する「全宅連不動産総合コース」(通信講座)や(財)不動産流通近代化センターが実施する「不動産コンサルティング技能試験」などの情報も随時提供し、日々目まぐるしく改正される法律事項をバックアップします。

(7)充実の福利厚生と安心の各種共済制度。

会員の方には、「全国宅地建物取引業厚生年金基金」・「(財) 全国中小企業共済財団の生命共済」・「アメリカンファミリー 団体がん保険」等の各種共済制度をご用意しているほか、会員および従業員の皆様を対象に「人間ドック」を提携先の病院で特別価格でご利用いただけます。このほかにもゴルフ大会をはじめとするスポーツ大会や支部旅行など、会員相互の親睦と交流を図る行事が定期的に開催されています。

(8)自信は大切、過信は禁物!!「宅地建物取引士賠償責任補償制度」

会員の方には、宅地建物取引士が日本国内で宅建業法に基づき遂行する業務に起因して提起された損害賠償請求について、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対し、保険金額の範囲内で支払が受けられる「宅地建物取引士賠償責任保険」をご利用いただけます。

(9)要望活動

不動産の流通化・有効利用の促進、資産デフレ解消といった会員を取り巻く環境を改善するため、土地住宅税制や政策に対する要望活動を上部団体と連携し行っています。
これまで、流通課税や譲渡所得税の軽減など、取得・保有・譲渡の減税には大きな成果をあげています。
また、異業種による宅建業への進出などで会員の権益が不当に侵されることのないよう、上部団体との連係を密にした対策を講じています。

(10)物件情報がリアルタイムに!レインズの利用で業務を効率化

会員の方は、(財)東日本不動産流通機構のレインズを利用することができます。レインズとは、Real Estate Information Network System.の略で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータネットワークシステムのことです。指定流通機構 の会員不動産会社がインターネットを利用して、機構が稼動させている各種処理サーバ群から不動産情報を受け取ったり情報提供を行うことができ、会員間での情報交換がリアルタイムで行われています。宅建業者に義務付けられている「専任媒介・専属専任媒介物件」 の登録ができ、媒介業務がスムーズに運びます。
また、レインズ利用に対する不明点は、宅建協会内の「千葉レインズ」がサポートしますので安心です。

(11)国内最大級の不動産物件サイト「不動産ジャパン」への登録も簡単な「ハトマークサイト」

従来の業者間情報のレインズに加え「ハトマークサイト」のご利用で、物件登録と公開がもっとカンタンになります。「ハトマークサイト」は全宅連が運営するインターネットを利用した一般消費者向けの広告媒体で、会員の方ならどなたでも無料でご利用いただけます。「ハトマークサイト」へ登録された物件は、任意でレインズへも登録できるほか、国内最大級の不動産物件検索サイト「不動産ジャパン」へも自動的に登録されるので、各サイトへの登録の手間が省けます。

(12)不動産ジャパンでも公開

「不動産ジャパン」は、全国の不動産業者約13万社が加入する流通4団体<(公社)全宅連、(社)不動産流通経営協会、(社)全日本不動産協会、(社)日本住宅建設産業協会>の不動産物件情報を一元的に検索できるインターネットサイトで、その運営は(財) 不動産流通近代化センターが行っています。全宅連の「ハトマークサイト」は「不動産ジャパン」においても中心的な役割を果たしておりますが、「ハトマークサイト」 で公開された物件情報は自動的に「不動産ジャパン」にも登録されます。

免許申請・入会申込から営業開始までの流れ

流れ図

入会資格

(1)千葉県内に事務所があって、宅建業の免許を受け、既に営業保証金を供託して営業をしている宅建業者。
(2)宅建免許を受けるため、知事または国土交通大臣に対し、免許申請中の者。
(3)宅建免許申請を行い、新規免許通知書を受けたが、営業保証金を供託せず、開業に至っていない者。

開業をお考えの方へ、入会案内資料請求フォーム

  • 開業をお考えの方へ
  • 入会案内請求フォーム
  • (一社)千葉県宅地建物取引業協会(県本部)のサイトへ移動します。